文字の大きさ 電話

大本山東福寺塔頭龍眠庵の樹木葬

東福寺にある樹木葬 四十一菩薩

樹木葬の特徴

  • 各家個別のお墓にお参りいただけます
  • 毎年9月に法要を行い永代供養いたします。
  • 規定の使用期間内は維持費は不要です。
  • 宗派を問わず檀家の条件はありません。
  • 生前予約も可能です。
  • 墓じまいの心配がありません。

また逢いに行きたくなるお墓の提案

表情豊かなお地蔵さまのお墓を草花が囲みます。樹木葬を造るにあたって一番大切にしたかったのは「小さなお子さんが楽しくお参りできること」でした。お墓参りが終わった後に「バイバ~イ♪」と、お子さんが手を振る姿を想像しながら墓石をデザインいたしました。ご両親の背中を見た子供達が「供養の気持ち、感謝の気持ち」を養う場としてのお墓のあり方を、あらためて提案させていただきます。

永代供養樹木葬『四十一菩薩』費用

緑が囲む墓参エリアと庭園樹木葬エリアの両方の永代使用料・2名様の永代供養料を含みます。

東福寺龍眠庵の樹木葬
一式費用 80万円
維持費 不要
備考 一式費用には2名様の永代供養料を含みます。
追加 ご家族での使用やご先祖様の改葬など、3名様以上の埋葬を希望の場合は1名様追加につき10万円の永代供養料が必要です。

お墓参りを大切に思う人におすすめの樹木葬

東福寺駅から徒歩5分の利便性を活かした、お墓参りのできる樹木葬です。

お墓参りの際には、墓地に備え付けのバケツ・柄杓・掃除道具などをご利用下さい。

供花やお線香は礼拝スペースよりお供えいただけます。

最後の埋葬~30年間 お墓参り

埋葬予定者としてご登録された最後の方を埋葬してから30年間は、墓参エリアにある各家の墓所でお墓参りをしていただけます。

永代供養料を追加していただくことで人数制限なくご登録いただけ、家族のお墓としてもご使用いただける樹木葬です。

埋葬予定者は、必要時にその都度追加登録が可能です。

  • 1名様追加 永代供養料 10万円

30年経過後は庭園樹木葬へ

東福寺龍眠庵の樹木葬
  • 最後の方を埋葬して30年後に使用延長のお申し出がない場合は、お地蔵さまと「容器に保管しておいた少量のご遺骨」を境内の庭園樹木葬エリアに移しご供養いたします。

  • 納骨室内で土に還らなかったご遺骨がございましたら樹木葬隣りにある合祀供養塔に合葬させていただきます。(写真は30年経過後のイメージ)

 墓参エリアでお墓参り
 ↓
 最後の方を埋葬後30年経過
 ↓
 庭園樹木葬エリアでご供養

墓参エリアの使用延長を希望の方は

  • 30年経過後もお墓参りをご希望の方には、墓参エリアにある各家墓所の使用延長も可能です。

  • 10年間延長の更新料 45,000円

使用延長のお申し出がない場合は

  • 最後の人が埋葬されて30年経過後に、使用延長のお申し出がない場合は、墓参エリアの使用期間は満了し庭園樹木葬エリアに移行いたします。樹木葬エリアに移行後も、毎年9月に法要を勤めて埋葬された方々のご供養は継続いたします。

毎年9月に埋葬された方々をご供養

東福寺龍眠庵の樹木葬

  • 樹木葬に埋葬された方々を、秋彼岸での法要でご供養させていただきます。

  • 開催日の1か月程度前には、墓地使用者または指定いただいた連絡先に郵送でご案内をさせていただきます。

  • 合同法要への参加は自由ですが、お墓参りにお越しの方は是非ご参加ください。

樹木葬の見学をご希望の方は

龍眠庵住職は高齢のため、樹木葬や永代供養墓の説明をさせていただくことが出来ません。

ご見学の方とのご面談は、住職の弟子になる霊源院住職がさせていただきます。

ご予約なくお越しいただきましても、説明をさせていただけません。

樹木葬の見学を希望される方は、事前にオフィス石太郎までご連絡をお願いします。

  • 霊源院 龍眠庵北隣りのお寺

  • 電話 075-561-9684

  • 受付時間 8:30~21:00

  • 10回以上コールしてください

  • オフィス石太郎

  • 電話 075-693-7345

  • 受付時間 10:30~18:00

  • 定休日 火曜日・第2第4水曜日

墓地の確保から埋葬法要までの流れ

樹木葬墓地の確保

  • 当サイトよりご希望の資料をご請求。
  • 見学を希望の方はオフィス石太郎まで日時の予約をお願いします。
  • 希望のお墓がございましたら予約をさせていただきます。(予約期間2週間程度)
  • 予約期間内はゆっくりご検討ください。
  • 決定の際には、樹木葬確保に必要な費用をお振込みください。
  • 龍眠庵より墓地の使用許可を証明する永代供養之証を郵送いたします。
  • キャンセルの方は、オフィス石太郎までご連絡ください。

お墓の準備

  • プレートに彫刻する文字をお尋ねいたします。
  • 原寸大の紙に書かれた原稿を郵送し文字の確認をしていただきます。
  • 文字彫刻の完了後に墓地に設置いたします。
  • 完成したお墓をご覧いただき、その際に法要の説明をさせていただきます。

樹木葬での開眼法要・埋葬法要

  • 生前確保の方は、開眼法要のみをご検討ください。
  • 埋葬を予定されている方は、霊源院住職と電話で日時の打ち合わせをお願いします。
  • 日時が決まりましたら、オフィス石太郎までご連絡をお願いします。
  • 法要当日は、15分前にはお越しください。
  • 本堂での法要の後、樹木葬墓地での法要を致します。
  • 法要後は樹木葬墓地での散会となります。(食事を予約の方は会食をしていただきます)
  • 法要の際にご用意いただくものは、お墓完成時に説明させていただきますのでご安心ください。

樹木葬とは?

樹木葬という埋葬の方法

昔の埋葬は土葬でしたので、衛生面の都合で村から離れた場所にご遺体を埋葬していました。

寺院の境内など、生活エリアに供養塔を建てて、日々のお参りは供養塔にお参りをされていました。

現在では、ご遺体は火葬されるのが一般的ですが、樹木葬は土葬の時代の埋葬方法に似ています。

寺院などが所有する山林にご遺骨を埋葬し、その場所には目印として植樹を致しました。

埋葬方法からお墓へ

土葬の時代も生活圏内に供養塔を建ててきたように、定期的なお参りを考えた場合には、交通アクセスは大切な要素になります。

このような理由もあって、最近では寺院の境内や公園墓地などで普及してきた都市型樹木葬を求める方が増えてまいりました。

メインツリータイプと集合墓タイプ

都市型樹木葬には大きく分けて2つのタイプがあります。

中央付近に植えられた木の周囲に個別に埋葬するタイプと、樹木葬専用区画に小型の墓石プレートが並ぶ集合墓タイプがあります。

都市型樹木葬に採用される墓石は小型のため、墓所を確保する際の費用を抑えることができます。

一般的な墓地区画と比べると、墓所の周囲には草花などが植樹されて緑に囲まれた環境であることも、都市型樹木葬の特徴といえます。

樹木葬の説明は

樹木葬墓地の説明・ご相談・申請書手続き・お墓の工事や彫刻・開眼供養や納骨法要のお手伝いをさせていただきます。

弊社が現地で説明をさせていただきます
京都オフィス石太郎

龍眠庵の樹木葬は弊社が施工しました

京都の墓石店 オフィス石太郎

  • 京都市南区西九条蔵王町11
  • TEL 075-693-7345 (10:30~18:00)
  • 定休日 毎週火曜日・第2第4水曜日
弊社運営 霊園検索サイト
関西霊園情報局 東福寺龍院庵の樹木葬

納骨堂・墓地の資料請求ボタン

サイドナビ